訪問着新作

2013年11月30日 三浦 恭示

新しく染めた訪問着

これはホタル暈かしにささら吹雪

肩口のホタル暈かしが可愛いです

その他にも波やもみじなど色々染めました。

久々にガッツリ仕事していて

あまり工房には顔出せませんが、、、

工房の薪ストーブ用の材木をもらいに出かけた先の嵐山

常寂光寺の紅葉

急いでいたのであまりいい写真ではないけど

雰囲気だけ感じていただけたら

和コンサート 11月17日

2013年11月17日 三浦 恭示

今日は工房で和コンサート

朝からイス出ししたり

大忙し。

どんな名曲が聞けるかな?

写真は工房のすぐ近く

ちょっと南にある本隆寺のいちょう

樹齢どのくらいかわからないけど

大きな樹で

隠れた紅葉スポットかな

顔料をそめる

2013年10月27日 三浦 恭示

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_8.JPG

のれんに薄赤を引き染め
なぜ顔料染にこだわるのか
町中でよく見かける剥げたのれん
暖簾は、店の看板でも有るから
古びたは、イイけど剥げチョロケは、頂けない。
折角イイ暖簾を作っても
染料の特性だから仕方ないのだけれど、早くて三ヶ月、半年で色が半減退色する。
やはり、制作側として何とか出来るものならば何時迄もキレイに保てる物をと思う。
そこで、顔料しか無いと言う事で、いま、試行錯誤中
よしんば、日光堅牢度バツグンで染めることが出来たとしてもベースの生地が日光に弱い二年もすろと裂けたりし出す事が有る。

暖簾の寿命は、日光が当たる所ではもって三年
素材にもよるけど、帆布は強そうだけど用途にもよる。

いま、染めた顔料落ち着いて乾いてくれ、下さい。

のれんの糊描き

2013年10月27日 三浦 恭示

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_7.JPG

祇園のアサヒ水産の暖簾を頼まれて制作中、今月30日納品、時間がない。
赤地に顔料で染め白場を少し残しロゴを金彩上げです。

ろうけつ染め体験 井上君

2013年10月11日 三浦 恭示

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_6.JPG

>
> 大阪で顔料プリントをしていて、染めの伝統技法の体験です。
>
> こっちが教えて欲しい事も一杯あってあれやこれや話ししながら作業しました。
>
> 今回は、木綿生地持ち込みなのでロウ二回染め引き切り二回の作業
>
> ロウを蒸し屋さんで取りアルカリショックを掛け水洗い
>
> 反応染料を使っての体験は、初めてでした。
>
> のれんを染める時よくやる技法
>
> 反応染料でも、褪色するので顔料染めが僕の課題です。
>
>
>