旬の琵琶

2012年6月22日 三浦 恭示

120622_180628.jpg

今朝ゴミの日だから、いっぱいなってる琵琶を採り入れした。

結果は実バケツ二杯、枝葉45リットルゴミ袋二杯。

実のってて屋根に掛ってる枝を優先に取って行った。

朝起きた時から左手が痛かったので光永さんに電話して手助けして貰おうとしたが、結果夕方に行くと言うことになった。

朝の作業も祟ったのか左手のはれがひどくなってきたので工房を4時で閉め帰った。

5時過ぎに来た光永さんに事情を話し枝切りをお願いした。

ぼくは実をもぎりバケツに入れる役。

光永さんは梯子に登り枝を切り、また、枝を粉砕してゴミ袋に…(写真)

結果、実バケツ一杯、枝葉ゴミ袋二杯

やはり上の方は鳥に、かなり食べられた。

半分を近所の奥さんにあげ残りを持って帰って貰った。

もう一本は週明けです。

朝採った分を食べてて、左手のはれが気になり病院に行った。

結果は、何かバイ菌が入ったとの事、薬と湿布を貰って来た。

ここまで長くなったので、ついでに言っておく、朝採った分の一部はいつも世話になっている小針さんへお裾分け…

写真は光永さん小針さんはカメラマン。

光永さんは有名染色作家。
写真だけ見ればただの「おっちゃん」作品と照らし合わせたら「ほー」になる事請け合い。

また、四君子で紹介するつもりです。

京都五花街

2012年6月20日 三浦 恭示

120619_111107.jpg 120619_105802.jpg 120619_103532.jpg

おおきに財団の理事、渡文社長の計らいで
お向かいの織成館に五花街の
芸舞妓さん ならびに女将さんらが大勢いらっしゃった!

昨日まで工房は休みだったから 朝早くから設営に追われ
染 四君子工房も皆さんに見学していただいた。

いつもは僕 三浦と柘植さんぐらいがいるだけだけど
今日は友禅の木戸さん 足立さん 糸目の川辺さんも
実演を披露しに来て盛り上がった!

僕はといえば…あっちやこっちに目配り、気配り!?

芸舞妓衣装研究所のチラシを配布したり
写真を撮ったり
ズーッとアタフタ(^^;)(;^^)

おかげで せっかくのキレイどころを観賞する暇もなかった(:_;)

テレビ局も新聞社も取材に来ていたから
工房始まって以来の賑やかさだった

これで少し芸舞妓衣装研究所の存在が知れ渡った ???かな?

設営の際 足の小指を激しくぶつけ(☆_☆)
今 紫色に腫れあがってる〜!

恋舞妓の京都慕情の収録

2012年6月17日 三浦 恭示

120617_115424.jpg

恋舞妓の京都慕情は京都祇園甲部の舞妓さんがいろいろなスポットを紹介する番組です。

織成舘の取材ですので、我が芸舞妓衣装研究所は出番は無いのですが、せっかくだから少し観てもらいました。

19日には、このお二人も来られるとの事…

あらためて芸舞妓衣装研究所を観てもらいます。

お休みなんだけど

2012年6月13日 三浦 恭示

120613_124341.jpg

明日から火曜日まで工房は お休み

お向かいの織成館ではイベント盛りだくさん!

日曜はテレビの撮影で舞妓さんが二人来るし
19日には舞妓さんがなんと!35人も来る(@_@)
芸舞妓衣装研究所としては一枚かませて頂いて
制作した舞妓衣装を飾らせてもらいます(^O^)

これも渡文の渡部社長が おおきに財団の理事長に就任なさった賜物!?

それとは別に
織成館の並びの須佐命舎で
小学館 月刊flwoesの企画で
漫画家 さいとうちほさんと秋里和国さんの対談が行われます!

本当は工房で行われる予定だったんですけどね
休みと重なってしまって…
京都好きの編集さんもお越しになるし
にぎやかになりそうです。

手染め八掛け

2012年6月8日 三浦 恭示

120608_164617.jpg

着物通がこだわる着物の裏 八掛け!

チラリと裾や袖口から覗くだけだけど
これがおしゃれのポイント!

売っているものでは欲しい色がない場合
染めてもらうことになる。

僕は引き染めができるので
自分の作品の八掛け、頼まれたら
染められます。
着物作家でこれができる人?ほとんどいないんじゃないかな?

今日はこんな色のボカシ 染めました(^O^)/