お客様に着装

2011年9月15日 三浦 恭示

110915_123917.jpg 110915_125030.jpg

今日は、この前、友禅の彩色をした「清花」の蒸し上がりを点検したり(これからバックをロウケツで染めるのですけれど…)
、カラーの帯の地入れをしたり、してました。

そこへ、三人のお客様。

あれこれ、おしゃべり。

中国、北京からのお客様を二人が京都を案内しているらしい、三人共着物が似合いそうなので、何か着てみますか?と言ったら是非ともと言う亊になり、若い北京大学のお医者さんが初めての日本、京都、着物となりました。

僕が着付けようとしたのですが二人が着付けが出来るとの亊で、任せたり手伝ったりで、何とか着付け、パチリ。

この着物は、「ファッション カンタータ」に使った着物で175CM対応で大きいのです。

いつも着せてみてから寸法直そうかなと思うのだけど、そのまま…

でも、喜んでもらえたみたいだからいいや…

呉服と、いうから呉の時代の中国の様式らしいけど、日本は不思議な国、あらゆる様式の終着点…

でも、外国の人が、よく来てくれるのですが、言葉が分から無いのは、どうしょうも無いな…

僕は、一切、外国語をしゃべら無いタイプ…

だから、通訳付きでお願いします。

いくらでもおしゃべり、サービスしますから…

これが、この工房の仕事と心得ていますので…

今は彩芸展に邁進。
これが済めば舞妓衣装に邁進。

でも、気軽に声を掛けて下さいね。

彩芸展に出品する訪問着 彩色中

2011年9月11日 三浦 恭示

110911_180959.jpg

こーんな広い工房で
ひとりポツネンと友禅やってます(^_^;)
カラーの花の茎の部分の染め。
緑色を何色か作って染め分けていきます♪

今日は休み。

2011年9月10日 三浦 恭示

110907_172021.jpg

ここ三日間は、引き染めなどで、てんてこ舞い

昨日は、工房の片付けなのに、午前中は引き染め

染めの殆どが、糊物になって、一色引ききりでも表から霧吹き、乾いてから裏から全面霧吹き、これで生地と糊を馴染ませ伸ばします。

これで地入れの準備。

布海苔液を引き、乾いてから蛋白地入れ。

次の日、地染め。

黒地が多かったので、二度染めの注文

糊物の引き染めは大変だ。

ロウケツの引き染めは、
布海苔だけとか、布海苔に蛋白混ぜて一度で済ますのだが…

糊物は地を引くのに、5〜6工程ある…

台風一過から涼しい日が続いて居たのだが、昨日は暑く、クーラーを止めての作業で汗だく。
その反動で片付けの時は三台クーラーを付けたのがいけなかった。

帰って、珍しく疲れていた。

今日は家でゆっくりしています。

カラーの花の友禅完了

2011年9月5日 三浦 恭示

110905_120103_2.jpg

昨日上げる予定だった訪問着の花の部分の友禅がとりあえず終了(^^;)
後はカラーの枝!
花柄は枝葉のほうが表現難しいんだょな
色は3色と逃げ色濃淡だな…
今日は色あわせで、明日から彩色だ。

作家の仕事に専念!

2011年9月3日 三浦 恭示

110903_161323.jpg 110903_164140.jpg

今日は他の仕事は置いといて作品作りp(^-^)q
友禅で先ず花だけ彩色。
カラーの花は殆ど白だから、ゴフンという白い染料で暈しながら描いていきます。
明日中には何とか花をやり遂げよー!