世界に一枚

2010年11月14日 三浦 恭示

Image3301.jpg

この工房は着物好きな方に作家から直接着物を買ってほしい!

そう思って始めた工房です。

作家物の着物って高いって思われてますよね。

そこにはフクザツな流通経路があるからであって作家本人から買えば市場価格の半額、あるいはそれ以下で手に入るんですけどね。

世界に一枚の作家物!

お気軽に工房へ見にいらしてほしいです。

おしゃれな訪問着から気軽な小紋もちろん帯も袋帯から名古屋帯目移りするくらぃたくさんそろっています。

芸舞妓の衣装展

2010年11月14日 三浦 恭示

お向かいの織成館で28日まで「芸舞妓の衣装展」開催中!

舞妓の衣装を手がけるようになったので、勉強のため
穴が開くほど見てきました。

舞妓さんを見ることはあっても
衣装だけを間近でジーっと見れる機会はなかなかないですからね

ええ衣装を作れるようがんばるぞー

今朝の仕事

2010年11月12日 三浦 恭示

今朝は、もう一つ
京都花街宮川町へ舞妓衣装の納品へ行きました。
女将さんに柄の付け方、地色と年齢と柄域の関係などを教えて貰い凄く勉強になりました。

女将が羽織ったり、見本に持って来てくれた衣装を、その舞妓に羽織らせたり至れり尽くせりでした。
今度こそパーフェクトを目指そう。

冬の訪れ

2010年11月12日 三浦 恭示

今朝6時前パキッパキッと言う音で目覚めた。
自宅兼工房の我が家では恒例の事であった。
寒暖計をみると11.5゚C今年一番の冷え込む20リットルも入るロウケツ染めに使う蝋鍋の蝋に亀裂が入っていた。
もっと冷えると小さな蝋鍋にも入ります。
毎年の事なのに、始めてだと驚きます。

今朝の仕事

2010年11月11日 三浦 恭示

今朝は、もう一つ
京都花街宮川町へ舞妓衣装の納品へ行きました。
女将さんに柄の付け方、地色と年齢と柄域の関係などを教えて貰い凄く勉強になりました。

女将が羽織ったり、見本に持って来てくれた衣装を、その舞妓に羽織らせたり至れり尽くせりでありがとうございました。
今度こそパーフェクトを目指します。